福島での太陽光発電システムの設置促進政策

Posted by admin

福島では、2011年に発生した東北大震災により、多大な被害を受けました。
そこで、復興の一環として、環境に配慮した街づくりを行っています。
null他方、近年、世界レベルでの地球温暖化が問題となっており、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出規制が求められています。
そこで、福島では、地球温暖化にも配慮して、太陽光発電の導入を進めています。
太陽光発電は、建物の屋上などに設置したソーラーパネルなどのシステムに太陽熱を受けることで電力へ変える発電方法をいいます。
この発電方法では石油などの天然資源を使用しないため、環境に優しい発電方法といえます。
また、発電時には二酸化炭素などの有害な温室効果ガスを発生しないため、地球の温暖化防止にも寄与します。
このように、利点が多い太陽光発電ですが、そのシステムの設置費用は100万円を超える高額なものです。
そこで、その費用負担を軽減して家庭でのシステム導入を促進するために、福島県では、補助金制度を設けています。
福島県内に住居を構えるもので、新たに住宅用太陽光発電システムを設置する人は申請により、補助金を受けることができます。
この制度は、国の補助金制度との併用も可能なため、申請をしてシステムを設置する家庭が増えています。
太陽光発電で発生した電力は電力会社に売ることもでき、また夜間に使用することもできるため、電気代の節約にもなります。
さらに、停電時にもためていた電力を使用できるため、災害対策にもつながります。