福島で太陽光発電を設置する

Posted by admin

我が家は東日本大震災で、大きな損害を受け、今年ようやく新しく家を建て直しました。
地震保険などがあって、その一部を補助してもらうことができ、家を改築することができたのですが、その時に太陽光発電も設置しようと心に強く決めていました。
その理由として、やはりこの震災で、電気がいかに大切かを痛感したからです。
ロウソク1本ついているだけで、人は安心することができます。null
電気が復旧した時はどれだけ嬉しかったかわかりません。
ですが、またこのような怖い事態に陥ることがあるかもしれません。
太陽光発電なら、家が全壊しない限り、また太陽光発電のパネルが壊れたりしない限りは、実質上、停電しても発電してくれると聞きました。
実際に福島では、現在も短時間ながら停電が発生したりすることもあるので、太陽光発電があれば心理的にも安心だと思ったからです。
実際に、福島では太陽光発電の設置を積極的にアピールしており、補助金もあるので、私たちのように今後のことを心配して、太陽光発電を設置する家庭が増えてきました。
補助金も限りがあるようなので、うちは早いうちに設置を完了して申請をすることができたので、有難くいただくことができました。
太陽光発電のおかげで、万が一でも電気が家にあるという気持ちを持つことができ、とても大きなものに支えられている気がしています。
また、電気の大切さを痛感していますので、たとえ太陽光発電があっても今まで以上に電気を無駄にせず、暮らしていきたいと考えています。