太陽光発電で後悔しないために

Posted by admin

太陽光発電は、クリーンなエネルギー源として、また地球温暖化防止に寄与する一つの手段として、導入が進められています。
国や各市町村でも、購入費用の一部に対して補助金の交付を行うなどして、推進されているシステムでもあります。
初期費用としてかかる費用がまだまだ多額であるという事は一つのネックにはなりますが、発電による家計への恩恵は大きいものです。
多くの家庭で、余剰電力を電力会社に買い取ってもらい、夏場の様な発電効率の良い時期には使用量よりも売電によって振り込まれる額の方が大きい時期もあるのです。
オール電化との相性の良いシステムであるため、年間を通じて光熱費がゼロになっている家庭もあるほどです。
このようなメリットの大きいシステムですが、屋根の上にパネルを搭載すれば必ず同じような発電が可能になる訳ではありません。
自然のものである太陽光を利用する発電システムであるという性質上、日当たりや日照時間の長さという絶対的に必要な要素があります。
同じエリアであっても、立地条件によっては屋根の日照時間は異なるものです。
山の影になったり、目の前に高層の建物がある場合には、当然発電効率は低下してしまいます。
また、屋根の向きによっても日照時間が異なってきます。
条件の悪い立地条件で太陽光発電を搭載しても、納得いく発電結果が得られない可能性が高くなってしまいます。
高い費用をかけて行う工事ですので、事前のリサーチは必須となります。